Blog

建築と農業と環境のことと〜環境のこと【1】

この分野に関心をもったのは17歳で、

豊島産業廃棄物事件の訴訟を担当した弁護士を知ったことから。


環境ってけっこうやばいんじゃないかって、

初めて危機感を覚えた。

訴訟を手がけた弁護団の団長が中坊公平さんでなければ、

目に留まっていなかったかもしれません。


建築屋さんなので安藤忠雄がきっかけだと思われがちですが…

実はその頃はまだ瀬戸内オリーブ基金もありませんでした。

ユニクロはいまもレジ横に募金箱を設置しています。


その訴訟の解決法がとても画期的で、

ゴミを廃棄した業者を責め立てるのでなく、

ゴミ処理で利益もえたのだから、

産業廃棄物は島外に持ち出すのでなく、

もう島の中で処分しきっちゃいましょうという解決法。


この方法を推したのはほかでもない中坊さん。

平成の鬼平…って異名もあったくらいの方。

ぼくはこの方に強く関心を抱き、志していた建築の道を少しそれることになります。話はまたちがうテーマで。


高校2年生のぼくにはとても考えられなくて、

その方法で島民を説得したというのだから、

そりゃあ興味もちますわな。

人のせいにするのが世の常なんて思っていた当時ですから、

このおじいちゃんすごいなぁって。


そこから、

森永ヒ素ミルク事件、豊田商事事件、住専問題…

へと、環境問題、消費者問題、金融取引…

について興味をいだいていくことになります。

いま携わっている不動産投資はまさに金融取引ですね。


話が逸れました。

また次回。


【建築設計から環境主義のアウトドアアパレルへ、そして不動産投資の世界を観た建築デザイナーの話】

TURNAROUND
http://turnaround8.com/
https://www.instagram.com/_turnaround_8/?hl=ja

10.19.2019