Blog

消費と投資と所有について

さて、今日は同僚と興味深い会話をしたのだ。


同僚…実は、思うところあって週に1〜2日、

patagoniaというアウトドアメーカーで働いている。

ま、これに関しては後日。


同僚…彼は、

時計と車が好きなおもしろい人。


そんなハセ兄が、

時計は自分より長生きして、

死んだ後も価値を保ったまま生き続けるから、

コレクションすることが果たして…

と話していた。


そう、

自分が生きている間は手元にあるけど、

死んだら誰かの手に渡る。


どんなモノも大切に使えばそう。


すぐに手元から離れちゃうような消費なのか、

値上がりのための…そこから生まれる果実のための投資なのか、

心底必要だから持つ所有なのか…

もうこの時点で主観でしかないのだけれど、

何言うてるかわからなくなったけど、

本当に必要なモノって、

なんだろなぁと考える日でした。



ちなみにハセ兄に、

今一番欲しいものはなんですか?

と聞かれ、

ぼくは ディフェンダー110 と答えました。




【建築設計から環境主義のアウトドアアパレル、そして不動産投資の世界を観る建築デザイナーの話】


TURNAROUND
http://turnaround8.com/
https://www.instagram.com/_turnaround_8/?hl=ja

10.27.2019