Blog

Madarao Forest Trails 50km


無事、完走した。

ここまで大変だった。


幼少から泳ぐことだけは好きだったものの、

球技も、走ることもほんと好きじゃない。

部活でバスケットをしていたけど、

同級生が入部するからというだけでほんと興味もなかった。


と、この年齢にきて一番避けてきた…走ることを選択したのだ。


50kmのレースを完走するのって(実際は47kmに短縮)、

そう簡単じゃないだろうなと思っていたし、

実際は去年リタイアしたし、

走り始めて1年8ヶ月かかった。


ほんとに最初走り始めた頃は、

8:30~9:00/km

のペースでゼェゼェ。歩いているようなもんで。


本番3ヶ月前にようやく 6:00/km までペースアップ。

練習したらなんとななるもんで。


そこからパートナーとトレイルで一生懸命に最後の仕上げにとりかかる。

普段から一緒にご飯もいくし、仕事の話もたくさんするし、仕事も絡む中だから、

お互いの長所短所をカバーしながら成長しあってきた。

といっても、ほとんど引っ張ってもらった。


そしていよいよスタート。


こういうときに限って、

悪条件の雨。結局ゴールまでずっと雨。

気分はあまりよくなかったけど、

練習も対策もばっちりで、

あとはちゃんと自分をコントロールするだけ。


最初、気分がよくて第1エイドまでとばしすぎたものの、

なんとなく体調が良いこともあって笑顔。


パートナーに自分のハードシェルを貸したものだから、

予備にもってきていた母のハードシェル姿。ちょっとシェイプが…

カラダは冷えるし、燃費の悪い体質だから、

エイドで食べる食べる。

持参の補給食も塩分もどんどん摂取。


第2関門まではけっこう順調で、


あとは止まらず進むのみ。

通過後に膝が痛くなってきだしたものの、

もうこんなに距離走ってんだから仕方のないことと、

変にひらきなおっておりました。

2人とも登りはぜんぜん止まらずにすみ余裕すらある感じで、

だけど下りが膝を中心に脚にくるくる。


もうね、

この看板が見えた頃は、

ボランティアの方もね、

「歩いても完走できますから〜」

って仰ってくださって、さらに安心してゴールまで行きました。

各ポイントに立ってくださってるボランティアスタッフの方に、

どれだけ勇気づけられたことか。


そしてゴール前の最後の下りが、

一番、膝にきたものの、

8時間12分でゴール。

完走できたら良し。

と思っていたから、すごい嬉しかった。


師匠 超絶優しい鬼コーチ笑




【建築設計から環境主義のアウトドアアパレルへ、そして不動産投資の世界を見た建築デザイナーの話】


TURNAROUND
http://turnaround8.com/
https://www.instagram.com/_turnaround_8/?hl=ja

10.13.2019